トップページ > お知らせ

第四回防護術大会の開催について(2008/6/1)

2008年6月8日(日)午後、東京都港区スポーツセンターにおいて、平成20年度武道始式と第四回 全国防護術大会が開催され、全国各地から選抜された代表15チーム60名の精鋭が終結し、日 頃の訓練の成果を披露しました。
 当社の業務は、お客様から預かった貴重品を安全に輸送しお客様に安心を提供することが目的。 そのためには、自分を守り業務中の事故を防がなければなりません。その日々の成果を披露する 場がこの大会です。
 競技は二部構成で第一部は防護術基本操作法のトーナメント方式による対抗試合で、4人1組 による防護術、警戒棒、警戒杖の基本動作の完成度で勝敗を決定。首都圏警機事業本部東日本P GS運営部が最優秀賞を勝ち取りました。
 第一部終了後は、招待者による大東流合気柔術が披露され、第二部のソフト警戒棒対抗試合に 移った。先鋒、中堅、大将による3本勝負で、肩、小手、胴、ひざの4ヶ所をねらう打撃戦を制 し優勝したのは中国運営本部広島警機隊。予選と決勝戦との間に、招待者による携帯用小楯操法 と神道夢想流杖道の模範演武も行われました。

開催日時 :2008年6月8日(日)12:30〜17:30
開催場所 :東京都港区 「港区スポーツセンター」
参 加 者:全国の各運営本部を代表する15チーム60名(平均年齢:29.4歳)
     :役員、事業本部長、運営本部長、本社スタッフ多数
大会内容 :(1)防護術基本操作法(2)ソフト警戒棒対抗試合


以上