トップページ > 運輸安全マネジメントについて

株式会社 アサヒセキュリティ運輸安全マネジメント施策概要

1.安全管理規程・・・・別紙

2.安全統括管理者

取締役 金融流通統括本部 警務司令本部
      本部長  松 本 憲 明
選任年月日 平成28年6月1日

3.輸送の安全に関する基本的な方針

(1)
会社は、輸送の安全の確保に全力を尽くし「信義・誠実」を社是としお客様へのサービスの向上並びに環境の保全に努め、自動車社会に貢献する。
(2)
会社は、輸送の安全の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社内において輸送の安全の確保に関する事項について主導的な役割を果たす。また、現場における安全に関する声に真摯に耳を傾けるなど現場の状況を十分に踏まえつつ、社員に対し輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底させる。
(3)
会社は、輸送の安全に関する計画の策定、実行、チェック、改善(P D C A)を確実に実施し、安全対策を随時見直すことにより、輸送の安全性の向上に努める。また、輸送の安全に関する情報については、積極的に公表する。

4.輸送の安全に関する目標及びその達成状況

(1) 平成28年度事故防止安全目標

  • 「有責事故 ゼロ化の推進」
  • 安全性優良事業所の新規取得及び継続的取得の推進
  • 運行管理体制の強化

(2) 平成27 年度達成状況

  • 事故防止結果:有責事故は対前年比6%の減少でした。
  • 安全性優良事業所の新規取得は6営業所、更新取得は4営業所でした。

5.事故に関する統計

平成27年度の事故件数(自動車事故報告規則に基づく事故)
総件数            0件

6. 輸送安全確保に講じた措置と講じようとする措置


(1) 講じた措置
  • イ、第7回安全運転競技会を開催しました。
  • ロ、運転者教育及び運行管理者研修を実施しました。
  • ハ、無事故・無違反者に対する報奨制度を実施しました。
  • ニ、事故防止運動を春・秋に実施しました。
  • ホ、デジタルタコグラフ及びGPSを追加導入しました。
  • ヘ、ドライブレコーダーを追加導入しました。
  • ト、全方位監視型車両を一部営業所に導入しました。

(2) 講じようとする措置

  • イ、デジタルタコグラフの継続的導入の推進。
  • ロ、無事故・無違反者に対する報奨制度の継続。
  • ハ、アルコールチェッカー(上級機種)代替の促進。
  • ニ、第8回 安全運転競技会の開催。
  • ホ、新型車(低燃費車)への代替促進。
  • ヘ、ドライブレコーダーを継続的導入。
  • ト、点検整備に係る工具類の継続的購入。
  • チ、全方位監視型車両の導入推進。
  • リ、可搬式軸重測定器の導入配置。
  • ヌ、運転実技訓練の拡大推進。

7. 輸送の安全に係る情報の伝達体制その他の組織体制

(1) 車両事故が発生した場合の事故処理連絡体制・・・別紙
(2) 緊急時における社内連絡体制

8.輸送の安全に関する教育及び研修の実施状況

(1) 運転者に対する安全運転教育の実施・・・14回
(2) 指導者に対する運転実技訓練の実施・・・・1回
(3) 統括運行管理者研修の実施・・・・・・・・・・・・1回

9.輸送の安全に係る内部監査の結果並びにそれに基づき講じた措置及び講じようとする措置

(1)
内部監査を下期に各営業所1回実施し、フォローアップ監査を上期に各営業所1回実施しました。
(2)
目標を達成できるよう内部監査を各営業所1回実施し、更に、その結果に基づき、フォローアップ監査を実施することとします。

以上